• 本

船参宮 新・酔いどれ小籐次(九)  【文春文庫】

佐伯泰英

出版社名 文藝春秋
発売予定日 2017年8月4日
予約締切日 2017年8月3日
予定税込価格 778円

おすすめコメント

小籐次は久慈屋の大旦那・昌右衛門に同道を請われ、手代の国三を供に伊勢神宮へと旅立った。昌右衛門はなにか心に秘すことがあるようだが、なかなか小籐次にも心の内を語らない。小籐次一行は大井川で川止めにあい、島田宿に留まることを余儀なくされるが、たまたま地元の悪に絡まれていた旅籠・紋屋鈴十の隠居を助けたことから、紋屋の舟型屋敷に逗留させてもらうことになった。その間、島田宿の本陣で賭場を開き、旅人や地元の人間を餌食にしていた自称・京都所司代勘定方と、地元の悪党勢力を一掃する。ようやく川止めが明け旅を再開することになったが、紋屋に勧められ、旅程を急ぐために船を使って海路伊勢に向かう「船参宮」をすることとなった。その道中、そして伊勢に入ってからも、島田宿で小籐次から逃げおおせた神路院すさめと名乗る妖しい黒巫女が一行をつけ狙うが……。昌右衛門の出生の秘密が明かされ、小籐次が留守の江戸では駿太郎が研ぎを請け負う。それぞれが人生の新たな一歩を踏み出すことを予感させる、書き下ろし第9弾。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

このジャンルの予約商品

孤独になれば、道は拓ける。 【だいわ文庫】 千田琢哉

2017年10月10日 発売予定

執着の捨て方 【だいわ文庫】 アルボムッレ・スマナサーラ

2017年10月10日 発売予定

ココ・シャネルの言葉 【だいわ文庫】 山口路子

2017年10月10日 発売予定

ギリシャ哲学へようこそ 【だいわ文庫】 左近司祥子

2017年10月10日 発売予定

桃色蜜月 〜雪兎とヒミツの恋人〜 【シャレード文庫】 真崎ひかる 明神 翼/画

2017年10月23日 発売予定

アベル 〜サタンに造られし魂〜 【ビーボーイノベルズ】 桑原水菜 葛西リカコ/画

2017年9月19日 発売予定

きつねに嫁入り −眷愛隷属− 【ビーボーイノベルズ】 夜光 花 笠井あゆみ/画

2017年9月19日 発売予定

東京から行く! 日本のすごい森(仮) 【二見レインボー文庫】 福嶋 司 小さな森プロ/編

2017年10月10日 発売予定

ハード・アズ・ユー・キャン(原題) 【ザ・ミステリ・コレクション】 ローラ・ケイ 久賀美緒/訳

2017年10月20日 発売予定

隠密奉行 柘植長門守4 【二見時代小説文庫】 藤 水名子

2017年10月25日 発売予定