• 本

鬱金の暁闇 30

コバルト文庫 ま2−118 破妖の剣 6

出版社名 集英社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-08-608029-3
4-08-608029-X
税込価格 583円
頁数・縦 190P 15cm
シリーズ名 鬱金の暁闇

商品内容

要旨

『皇』たる資格をかけたラエスリールと燦華の戦いが、遂に決着。泥闇の檻から解放された燦華にラスは決意の言葉を吐く。魔性と人間が共生する世界を創造するために、自分が『皇』の座に就くことを。死力を尽くす両者。戦いの行方は?ラスの願いは果たして叶うか?そして、戦いの果てのラスを闇主はどう受け止める?世紀を超えるスーパー・ファンタジー『破妖の剣』、堂々ここに完結。

おすすめコメント

腐食の泥闇の中に包み込まれた燦華に破妖刀を突き刺したラエスリール。遂に二人の女皇を巡る戦いに終止符が打たれる。その時、腐食の泥闇は? 創造主は? 世界の運命は? 超人気作、堂々完結。

出版社・メーカーコメント

腐食の泥闇の中に包み込まれた燦華に破妖刀を突き刺したラエスリール。遂に二人の女皇を巡る戦いに終止符が打たれる。その時、腐食の泥闇は? 創造主は? 世界の運命は? 超人気作、堂々完結。

著者紹介

前田 珠子 (マエダ タマコ)  
1965年10月15日、佐賀県生まれ。『眠り姫の目覚める朝』で1987年第9回コバルト・ノベル大賞佳作入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)