• 本

浮雲心霊奇譚 赤眼の理

集英社文庫 か68−2

出版社名 集英社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-08-745566-3
4-08-745566-1
税込価格 605円
頁数・縦 331P 16cm

商品内容

要旨

時は江戸末期。絵師を目指す青年・八十八は、夜道で幽霊に出くわして以来、奇妙な行動を取るようになった姉を救うため、憑きもの落としの名人に会いに行く。肌が異様に白く、両眼を覆うように赤い布を巻いた男。名を、浮雲という。布の下に隠した赤い両眼で死者の魂が見えるという破天荒な浮雲と行動を共にするうち、八十八の前には新たな世界が見えてきた―。幕末ミステリー、堂々開幕!

出版社・メーカーコメント

時は江戸。絵師を目指す八十八は、姉の憑き物落としを依頼したのがきっかけで、死者の魂が見えるという破天荒な男・浮雲と共に数々の事件に関わっていく──。『心霊探偵八雲』のルーツがここに!

著者紹介

神永 学 (カミナガ マナブ)  
1974年山梨県生まれ。日本映画学校卒業。2003年「赤い隻眼」を自費出版。同作を大幅改稿した『心霊探偵八雲赤い瞳は知っている』で04年プロデビュー。代表作「心霊探偵八雲」をはじめ、シリーズ作品を多数展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)