• 本

外房線60秒の罠

集英社文庫 に3−36 十津川警部シリーズ

出版社名 集英社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-08-745568-7
4-08-745568-8
税込価格 540円
頁数・縦 254P 16cm

商品内容

要旨

井口勲は、二年前に殺された恋人との思い出を胸に南房総の旅に出かけた。安房鴨川で出会った若い女性に、携帯電話のカメラで写真を撮られる。翌日、井口を写した携帯を所持した女性の絞殺体が井の頭公園で発見され、彼に容疑がかかる。捜査班の十津川警部が井口の身辺を探るうち第二の殺人が発生し…。巧妙に張り巡らされた復讐のトリックに挑む!風光明媚な房総を舞台に描く旅情ミステリー。

出版社・メーカーコメント

殺された恋人の思い出を胸に南房総に出かけた井口勲。若い女性に、携帯電話のカメラで撮影されるが、翌日その携帯電話を持った女の絞殺体が発見され…。十津川警部の鉄道ミステリー!(解説/ 山前譲)

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京生まれ。63年にオール讀物推理小説新人賞、65年に『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞、2004年には日本ミステリー文学大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)