• 本

小説ライムライト チャップリンの映画世界

出版社名 集英社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-08-771035-9
4-08-771035-1
税込価格 3,780円
頁数・縦 429P 21cm

商品内容

要旨

チャップリンが書いた唯一の小説。

目次

チャールズ・チャップリン作フットライト―小説ライムライト
カルヴェロの物語
木を揺さぶる
脚本から映画へ
『ライムライト』のロンドン
チャップリンのミュージック・ホール
レスター・スクエアのバレエ
家族の肖像
エピローグ

おすすめコメント

没後40年、映像の天才は作家としてもすごかった! 喜劇王が書いた唯一の小説=映画『ライムライト』の原作。映画とひと味違うチャップリンの詩的言語を紹介、映像化を追うノンフィクションと写真資料も充実。

著者紹介

チャップリン,チャールズ (チャップリン,チャールズ)   Chaplin,Charles
1889‐1977。イギリス出身の映画俳優、映画監督、プロデューサー、脚本家、作曲家。両親ともミュージック・ホールの芸人で、5歳で初舞台を踏む。ヴォードヴィル一座の花形コメディアンとして渡米し、1914年にハリウッドで映画デビュー。だぶだぶのズボンにちょび髭、山高帽にステッキというおなじみの扮装で、瞬く間に大スターとなり、ユーモアとペーソス、人間愛溢れる作風で世界中を笑いと涙の渦に巻き込んだ。以降、『キッド』『黄金狂時代』など世界的ヒット作を発表、喜劇の王様の名をほしいままにし、今も世界中の人々に愛されている。代表作に『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』『ライムライト』など。1972年にアカデミー特別栄誉賞を受賞。1975年にナイトに叙された
ロビンソン,デイヴィッド (ロビンソン,デイヴィッド)   Robinson,David
1930‐。イギリスの映画評論家、歴史研究者。大衆娯楽から初期映画を専門とし、とりわけチャップリン研究の世界的権威。長らくロンドンタイムズで映画評を担当。カンヌ映画祭審査委員、エジンバラ映画祭ディレクター、ポルデノーネ無声映画祭のディレクターを務めた
大野 裕之 (オオノ ヒロユキ)  
1974年大阪生まれ。日本チャップリン協会会長、作家、劇作家、映画プロデューサー。チャップリン研究に対して、2005年にイタリア・ポルデノーネ国際映画祭特別メダル受賞。映画『太秦ライムライト』(脚本とプロデュース)がニューヨーク・アジア映画祭最優秀観客賞、カナダ・ファンタジア国際映画祭シュバル・ノワール賞など多くの賞を受賞。著書『チャップリンとヒトラー』でサントリー学芸賞受賞
上岡 伸雄 (カミオカ ノブオ)  
1958年東京生まれ。作家、アメリカ文学者、学習院大学教授
南條 竹則 (ナンジョウ タケノリ)  
1958年東京生まれ。作家、英文学者。『酒仙』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)