• 本

やめるときも、すこやかなるときも

出版社名 集英社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-08-771052-6
4-08-771052-1
税込価格 1,728円
頁数・縦 359P 20cm

商品内容

要旨

家具職人の壱晴は毎年十二月の数日間、声が出なくなる。過去のトラウマによるものだが、原因は隠して生きてきた。制作会社勤務の桜子は困窮する実家を経済的に支えていて、恋と縁遠い。欠けた心を抱えたふたりの出会いの行方とは。

おすすめコメント

大切な人の死を忘れられない男と、恋の仕方を知らない女。   欠けた心を抱えたふたりが出会い、お互いを知らないまま、少しずつ歩み寄っていく道のり。 変化し続ける人生のなかで、他者と共に生きることの温かみに触れる長編小説。

出版社・メーカーコメント

大切な人の死を忘れられない男と、恋の仕方を知らない女。欠けた心を抱えたふたりが少しずつお互いを知り、日常の中で歩み寄っていく道のりを描く。他者と生きることの温かみに触れる長編小説。

著者紹介

窪 美澄 (クボ ミスミ)  
1965年東京生まれ。フリーの編集ライターを経て、2009年「ミクマリ」で、女による女のためのR‐18文学賞大賞を受賞。受賞作を所収した『ふがいない僕は空を見た』がヒット作となる。同書で11年に山本周五郎賞を受賞。12年『晴天の迷いクジラ』で山田風太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)