• 本

ジャスミンの残り香 「アラブの春」が変えたもの

出版社名 集英社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-08-789005-1
4-08-789005-8
税込価格 1,620円
頁数・縦 250P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

文学賞情報

2014年 第12回 開高健ノンフィクション賞受賞

要旨

この出来事は日本人にとっても、決して対岸の火事ではない。三十年近くにわたり、アラブ世界を見続けた気鋭のジャーナリストが中東民衆革命の意味を問う!「革命」は徒労だったのか。2014年第12回開高健ノンフィクション賞受賞作。

目次

第1章 すべては徒労だったのか―再びタハリール広場へ(二〇一四年一月)
第2章 ジャスミンと紫陽花―「あなたは何者なのか」という問い
第3章 独裁者と盆栽―内戦初期のシリア潜入記(二〇一一年十二月)
第4章 「アラブの春」から「イスラームの春」へ―広場よ、君はどこに行っていたんだ(二〇一三年一月)
終章 強さ

出版社
商品紹介

宗教勢力の反動を呼び、中東を未曾有の混乱に陥れた「アラブの春」は徒労だったのか?革命の意味を模索しつつ、3.11後の日本を考えるうえでも示唆的な内容を含む、本年度開高賞受賞作品。

出版社・メーカーコメント

宗教勢力の反動を呼び、中東を未曾有の混乱に陥れた「アラブの春」は徒労だったのか? 革命の意味を模索しつつ、3.11後の日本を考えるうえでも示唆的な内容を含む、2014年度開高賞受賞作品。

著者紹介

田原 牧 (タハラ マキ)  
1962年生まれ。87年、中日新聞社入社。名古屋社会部、カイロ支局勤務などを経て、現在、東京本社(東京新聞)特別報道部デスク。日本アラブ協会発行・季刊『アラブ』編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)