• 本

安達としまむら 6

電撃文庫 3104

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-04-865946-8
4-04-865946-4
税込価格 594円
頁数・縦 223P 15cm
シリーズ名 安達としまむら

商品内容

要旨

喧嘩の仲直りを経て、元の関係に戻ったかに見えた安達としまむら。しかし、安達のしまむらへの想いは、現状維持で満足することを許してくれず、自ら先へ先へと進もうとしていた。「しまむら、遊ぼう!」「え、無理無理。お盆は祖父ちゃんたちの家に行くから」「そうなんだ…何泊?」「三泊四日の予定でございます」「じゃ、じゃあ。四日後、また来ても…」「あー、じゃあ帰ったら電話するから」「待ってる」そして迎えた花火大会の夜。浴衣を身に纏い、お祭りの喧噪の中を歩く二人。安達のしまむらへの想いは、花火とともに大きく舞い上がる。

おすすめコメント

「しまむら、遊ぼう!」「え、無理無理。お盆は祖父ちゃんたちの家に行くから」「そうなんだ……」「帰ったら電話するから」「待ってる」安達のしまむらへの想い、最高潮に。

出版社・メーカーコメント

夏休み後半。安達のしまむらへの想いは高まり──。女子高生二人の日常が、ほんの少し動き出す。  喧嘩の仲直りを経て、元の関係に戻ったかに見えた安達としまむら。しかし、安達のしまむらへの想いは、現状維持で満足することを許してくれず、流されるのでは無く、自ら先へ先へと進もうとしていた。 「しまむら、遊ぼう!」「え、無理無理。お盆は祖父ちゃんたちの家に行くから」 「そうなんだ……何泊?」「三泊四日の予定でございます」「じゃ、じゃあ。四日後、また来ても……」 「あー、じゃあ帰ったら電話するから」「待ってる」  しまむらを待ちきれず、電話とメールで連絡をしてしまう安達。そんな様子に、しまむらの中でも安達への想いが変わりつつあった。そして迎えた花火大会の夜。浴衣を身に纏い、お祭りの喧噪の中を歩く二人。安達のしまむらへの想いは、花火とともに大きく舞い上がる。