• 本

「活米」という流儀 外交・安全保障のリアリズム

出版社名 講談社
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-06-218567-7
4-06-218567-9
税込価格 1,836円
頁数・縦 244P 20cm

商品内容

要旨

米国覇権の揺らぎ。中国の台頭。日本が目指すべき針路とは!?

目次

プロローグ 迫りくる嵐の予感―尖閣「国有化」の顛末
第1章 外交・安全保障のリアリズム
第2章 中国の台頭とその戦略
第3章 米中は衝突するのか
第4章 対中戦略の土台をつくれ!―海洋国家日本の外交・安全保障戦略
エピローグ 「活米」という流儀―親米・反米・反親米を超えて

出版社
商品紹介

米国覇権の揺らぎ。中国の台頭。米中の狭間で立ちすくむ日本。徹底したリアリズムの立場から日本の外交安全保障戦略を語る。

著者紹介

長島 昭久 (ナガシマ アキヒサ)  
衆議院議員。1962年、神奈川県に生まれる。慶應義塾大学法学部卒。同大学大学院法学研究科修士課程修了。大学院博士課程在学中、自由民主党の石原伸晃衆議院議員公設第一秘書を務める。1993年に単身渡米し、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)にて修士号(国際関係論)を取得。その後、外交問題評議会(CFR)で日本人初の研究員となる。2003年、第43回衆議院議員総選挙に東京21区から民主党公認で立候補し、当選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)