• 本

あの頃トン子と

出版社名 講談社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-06-220390-6
4-06-220390-1
税込価格 1,620円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

養豚を営む洋一はアラフォー独身。東北の農村で十年一日がごときメタボな日々を送っていた。そこに、東京で夢破れバツイチとなった幼馴染みのマナブが戻ってくる。二人は、退屈しのぎとばかりに一匹のメスの子豚に「トン子」と名付け、芸を仕込み始める。だが、その子豚が、呼びかけると「トン子!」と答えるようになったのだ!テレビで紹介され、トン子は日本中の人気者に。ついに二人は、トン子を擁して上京する―。第11回小説現代長編新人賞奨励賞受賞作。

おすすめコメント

東北地方の農村で養豚業を営む洋一、39歳独身。その幼馴染で、東京で夢破れ故郷に舞い戻ったマナブ、バツイチ。二人は暇しのぎに、子豚のトン子に芸を仕込み始める。だが、そのトン子が、呼びかけられると「トン子!」と返事をするようになったのだ! 「しゃべる子豚」としてテレビ局の取材が相次ぎ、ついには豚骨ラーメンのCMに出演、トン子は日本中の人気者になる。ついに二人はトン子を擁して、上京するのだが……。

著者紹介

城 明 (ジョウ アキラ)  
1959年宮城県気仙沼市生まれ。仙台第三高等学校卒業後、法政大学文学部へ進学するが中退する。地元企業勤務後、退社。現在は執筆活動に専念中。2016年第11回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞、デビューに至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)