• 本

「分かりやすい表現」の技術 意図を正しく伝えるための16のルール

ブルーバックス B−1245

出版社名 講談社
出版年月 1999年3月
ISBNコード 978-4-06-257245-3
4-06-257245-1
税込価格 864円
頁数・縦 189P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 世の中は、分かりにくい表現に満ちています

    これからプレゼンなどで、多くの人へ向けた文章を書く機会がある人は、ぜひこ の本を参考にしていただきたいです。 相手の立場に立って、見やすく分かりやすい文章を……というのは、よく考えて みると、そんなに難しいことではないのかもしれません。 もし自分だったら分かるだろうか、もし、この件の知識がない人が読んだらどう 考えるか……など、いろんな視点から文章の内容をチェックしてみたら、見えて くるのではないでしょうか? 巻末に「分かりやすい表現」に関するチェックシートも用意されています。 一度、チェックしてみると、自分の書く文章が、相手に伝わるかどうかが分かり 参考になりますよ。 お試しあれ。

    (2006年5月10日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

マニュアルはなぜ分かりにくいのか?右か左か迷わせる交通標識。庶民には理解不能な法律条文。初心者にはチンプンカンプンのマニュアル。何が言いたいのか分からない上司の話…。世の中にあふれる「分かりにくい表現」の犯人をつきとめ、すっと分かってもらえる「情報発信のルール」を考える。

目次

第1章 「分かりにくい表現」がいっぱい!
第2章 「分かりやすい」とはどういうことか
第3章 「分かりにくい表現」の主犯たち(親切心の欠如
「受け手」のプロフィールの未定義
受け手の熱意の読み違い
大前提の説明もれ ほか)
第4章 「分かりやすい表現」のルールブック―チェックポイント付き(おもてなしの心を持て
「受け手」のプロフィールを設定せよ
「受け手」の熱意を見極めよ
大前提の説明を忘れるな ほか)

出版社・メーカーコメント

パソコンのマニュアルはなぜ分かりにくいか各種の取り扱い説明書、案内板、道路標識、ビジネスレター、通達、規約条文、広告……などなど、相手に即座に分かってもらえる情報発信のために必読のルール集。