• 本

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

小学館文庫 か33−2

出版社名 小学館
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-09-406020-1
4-09-406020-0
税込価格 576円
頁数・縦 250P 15cm

商品内容

要旨

突然の余命宣告。絶望の中でやがて彼は「命の始末」と向き合い始める。その臨終までの道程はとことん前向きで限りなく切なく愛しい。これは41歳で急逝した売れっ子流通ジャーナリストの見事な死の記録である。

目次

プロローグ 突然の宣告
第1章 流通ジャーナリストと名乗って
第2章 昼も夜も時間が足りない
第3章 発病。あふれてしまう涙
第4章 最後の仕事は死の準備
エピローグ 生涯無休
あとがき 「これは、金子が用意した“スタート”です」―夫と併走した500日(金子稚子)
会葬礼状
文庫版追補 金子さんとの思い出

出版社・メーカーコメント

「命の始末」を綴ったベストセラーを文庫で 「時間を忘れて一気に読んでしまった」「こんなに涙が止まらなかったことは初めてです」「これからも何度も読み返すと思う」「悲しいけれどあたたかい気持ちになりました」・・・ 世代、性別を越えて、異例ともいえる数の感想が今も寄せられ続けています。突然の余命宣告。絶望の中で、やがて彼は自らの「命の始末」と向き合い始める。その臨終までの道程は、とことん前向きで限りなく切なく愛しいものでした。これは、41歳で急逝した流通ジャーナリストの見事な死の記録です。

著者紹介

金子 哲雄 (カネコ テツオ)  
1971年千葉県生まれ。慶應義塾大学卒。(株)ジャパンエナジー勤務後、流通ジャーナリストに。徹底した現場リサーチをもとにした分析とお得情報を発信し、幅広く活躍した。2012年10月2日、背カルチノイドのため死去。享年41(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)