• 本

謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉

出版社名 新潮社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-10-340071-4
4-10-340071-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 350P 20cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

朝食などで米飯と一緒に食される「納豆」。和食の定番でもあり、日本独自の食品と思っている人も多いのではないだろうか。実際には作り方、加工方法、食べ方は違っても、日本納豆と同じと見なされる食品が、ミャンマーやタイ、ネパール、ブータンの山岳地帯、中国南部などに存在するという。本書の著者はそれらを「アジア納豆」と名づけ、現地を訪問して実際に食するとともに作り方を学んでいく。また国内でも「日本の納豆の起源」を追い求め旅に出る。そうした取材紀行の記録と、アジア納豆、そして日本納豆についての文化的な考察をまとめたのが本書である。著者は「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それをおもしろおかしく書く」をモットーとするノンフィクション作家。著書に『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)、『未来国家ブータン』(集英社文庫)などがある。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年07月08日]

商品内容

要旨

山奥のジャングルで出会った衝撃的納豆ご飯。ぱりぱりと割れるせんべい納豆。元・首狩り族の優雅な納豆会席。中国湖南省の納豆入り回鍋肉。そして日本で見つけてしまった「究極の納豆」。本気度1000パーセントのノンフィクション大作。壮大すぎる“納豆をめぐる冒険”

目次

納豆は外国のソウルフードだった!?チェンマイ/タイ
納豆とは何か
山のニューヨークの味噌納豆 チェントゥン/ミャンマー
火花を散らす納豆ナショナリズム タウンジー/ミャンマー
幻の竹納豆を追え!ミッチーナ/ミャンマー
アジア納豆は日本の納豆と同じなのか、ちがうのか
日本で『アジア納豆』はできるのか 長野県飯田市
女王陛下の納豆護衛隊 パッタリ/ネパール
日本納豆の起源を探る 秋田県南部
元・首狩り族の納豆汁 ナガ山地/ミャンマー
味噌民族vs.納豆民族 中国湖南省
謎の雪納豆 岩手県西和賀町
納豆の起源

出版社・メーカーコメント

見て、嗅いで、作って、食べる。壮大すぎる「納豆をめぐる冒険」! 辺境作家が目指した未知の大陸、それは納豆だった。タイやミャンマーの山中をさまよううちに「納豆とは何か」という謎にとりつかれ、研究所で菌の勉強にはげみ、中国に納豆の源流を求め、日本では東北から九州を駆けめぐる。縦横無尽な取材と試食の先に見えてきた、本来の姿とは? 知的好奇心あふれるノンフィクション。

著者紹介

高野 秀行 (タカノ ヒデユキ)  
ノンフィクション作家。1966(昭和41)年、東京都八王子市生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒。1989(平成元)年、同大探検部の活動を記した『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。2006年『ワセダ三畳青春記』で第1回酒飲み書店員大賞を受賞。2013年『謎の独立国家ソマリランドそして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』で第35回講談社ノンフィクション賞、第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)