• 本

フィリピン 急成長する若き「大国」

中公新書 2420

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-12-102420-6
4-12-102420-6
税込価格 864円
頁数・縦 220P 18cm

商品内容

要旨

かつて「アジアの病人」と呼ばれたフィリピン。近年、サービス業主導で急成長し、経済規模は10年強で3倍となった。人口は1億人を突破し、国民の平均年齢は25歳。「アジアの希望の星」との声さえ聞かれる。一方、貧富の格差はなお深刻で、インフラも不十分。ドゥテルテ大統領の暴言や強権的手法は世界から危惧されている。経済成長著しい島国の魅力と課題に、IMFでフィリピン担当を務めたエコノミストが迫る。

目次

第1章 「アジアの病人」からの脱却
第2章 高度成長の源泉
第3章 飛躍を継続するための課題
第4章 植民地時代の負の遺産―分断社会はいかに生まれたか
第5章 フィリピン政治の実情とゆくえ
第6章 地政学でみるフィリピン、そして日本

おすすめコメント

型破りの方法で経済成長するフィリピン。人口1億人を突破し国民の平均年齢は25歳と若い。いま最も注目すべき国の可能性と課題とは

出版社・メーカーコメント

かつて「アジアの病人」と呼ばれたフィリピン。近年、サービス業主導で急成長し、 経済規模は10年強で3倍となった。 人口は1億人を突破し、国民の平均年齢は25歳。「アジアの希望の星」との声さえ聞 かれる。 一方、貧富の格差はなお深刻で、インフラも不十分。ドゥテルテ大統領の暴言や強権 的手法は世界から危惧されている。 経済成長著しい島国の魅力と課題に、IMF(国際通貨基金)でフィリピンを担当し たエコノミストが迫る。

著者紹介

井出 穣治 (イデ ジョウジ)  
1978年、東京都生まれ。2001年、東京大学法学部卒業、日本銀行入行。06年、タフツ大学フレッチャースクール(法律外交大学院)修了。IMF(国際通貨基金)のアジア太平洋局フィリピン担当エコノミストを経て、現在、日本銀行職員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)