• 本

フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

出版社名 NHK出版
出版年月 2009年11月
ISBNコード 978-4-14-081404-8
4-14-081404-7
税込価格 1,944円
頁数・縦 350P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 限界費用が毎年半分になっているらしい。

    ビットの世界、すなわちデジタルデータの世界は追加の限界費用が毎年半分になっているらしい。アトムの世界で生きる我々リアル書店も早急に対応していかないと生き残れないと再認識させてもらいました。巻末付録も参考になりました。帯に書いてあった「2010年代を生き残る必読の書」というのもあながち大げさではないですね。書籍にかかわる人間のみならずできるだけ多くの人に読んで頂きたいと思う本です。どげんかせんといけんと。

    (2010年10月14日)

  • 無料(タダ)なのに、どうしてビジネスになるの?素朴な疑問。
    米「WIRED」誌の編集長がこの疑問に「フリーミアム」の説明で答える。
    20世紀以前の無料と、21世紀的無料(フリー)の違いを例示し、無料であることがビジネスにもたらす新たな価値を経済的視点に止まらず、
    多面的に考察する。
    膨大な量の電子情報が無料で手に入るが、それに勝る価値が、書店にはある。
    この一冊が、正にそれだ。

    (2010年3月4日)

他の書店レビューを見る

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?なぜ、ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか?あなたがどの業界にいようとも、“無料”との競争が待っている。それは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。そのときあなたは、創造的にも破壊的にもなり得るこのフリーという過激な価格を味方につけることができるだろうか。

目次

フリーの誕生
無料とは何か?(「フリー」入門―非常に誤解されている言葉の早わかり講座
フリーの歴史―ゼロ、ランチ、資本主義の敵
フリーの心理学―気分はいいけど、よすぎないか?)
デジタル世界のフリー(安すぎて気にならない―ウェブの教訓=毎年価格が半分になるものは、かならず無料になる
「情報はフリーになりたがる」―デジタル時代を定義づけた言葉の歴史
フリーと競争する―その方法を学ぶのにマイクロソフトは数十年かかったのに、ヤフーは数カ月ですんだ
非収益化―グーグルと二一世紀型経済モデルの誕生
新しいメディアのビジネスモデル―無料メディア自体は新しくない。そのモデルがオンライン上のあらゆるものへと拡大していることが新しいのだ
無料経済はどのくらいの規模なのか?―小さいものではない)
無料経済とフリーの世界(ゼロの経済学―一世紀前に一蹴された理論がデジタル経済の法則になったわけ
非貨幣経済―金銭が支配しない場所では、何が支配するのか
(ときには)ムダもいい―潤沢さの持つ可能性をとことんまで追究するためには、コントロールしないことだ
フリー・ワールド―中国とブラジルは、フリーの最先端を進んでいる。そこから何が学べるだろうか?
潤沢さを想像する―SFや宗教から、“ポスト稀少”社会を考える
「お金を払わなければ価値のあるものは手に入らない」―その他、フリーに対する疑念あれこれ)
結び―経済危機とフリー

出版社
商品紹介

どの業界にいようとも<無料(フリー)>との競争が待っている…。「ロングテール」の著者が描く21世紀の経済モデル。

おすすめコメント

あなたがどの業界にいようとも、 〈無料(フリー)〉との競争が待っている―― なぜ一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか? なぜビット経済では、95%をタダにしてもビジネスが可能なのか?〈価格ゼロ〉との競争は、もはや可能性の問題ではなく時間の問題だ。デジタル経済の大変革を喝破した世界的ベストセラー『ロングテール』の著者が描く、21世紀の経済モデル。

著者紹介

アンダーソン,クリス (アンダーソン,クリス)   Anderson,Chris
『ワイアード』誌編集長。「ロングテール」という言葉を2004年に同誌上ではじめて世に知らしめ、2006年に刊行した同名の著書『ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』(早川書房)は世界的ベストセラーとなる。ジョージ・ワシントン大学で物理学の学位を取得、量子力学と科学ジャーナリズムをカリフォルニア大学バークレー校で学ぶ。ロス・アラモス研究所の調査員を務めたあと、世界的科学雑誌である『ネイチャー』誌と『サイエンス』誌に6年間勤務
小林 弘人 (コバヤシ ヒロト)  
株式会社インフォバーンCEO。1994年『ワイアード』誌の日本版を創刊して編集長を務める。98年に株式会社インフォバーンを設立し、月刊『サイゾー』を創刊。06年には全米で著名なブログメディアの「ギズモード」の日本版を立ち上げる。ブログ黎明期から有名人ブログのプロデュースに携わり、ブログ出版の先鞭をつけるなど、ITメディア界の仕掛け人として多方面で活躍。通称「こばへん」。現在メディアプロデュースと経営の傍ら、講演やメディアへの寄稿をこなす
高橋 則明 (タカハシ ノリアキ)  
翻訳家。1960年東京生まれ。立教大学法学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)