• 本

破壊する創造者 ウイルスがヒトを進化させた

ハヤカワ文庫 NF 420

出版社名 早川書房
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-15-050420-5
4-15-050420-2
税込価格 1,080円
頁数・縦 509P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

エイズ、エボラ出血熱など命をも脅かす感染症を引き起こすウイルスは怖い存在だ。しかし実は生物進化に重要な役割を果たしてきたという。ダーウィンの進化論にも一石を投じる仮説を、生物学者で医師の著者がスリリングに証明していく。ウイルスが自らの遺伝子を宿主のDNAに逆転写し共生していること、ヒトゲノムの約半数がウイルス由来であることなど、驚きの事実が解明され、医療に新たな道を拓いていく。

目次

ウイルスは敵か味方か
ダーウィンと進化の総合説
遺伝子のクモの巣
AIDSは敵か味方か
ヒトゲノムのパラドックス
ウイルスが私たちを人間にした
医学への応用
自己免疫疾患

新しい進化論
セックスと進化の木
人間は多倍体か
遺伝子を操る魔神
新しい手がかり
旅の終わりに

著者紹介

ライアン,フランク (ライアン,フランク)   Ryan,Frank
アイルランド生まれ、英国育ちの進化生物学者、医師。シェフィールド大学で医学を修める。英国王立医師会、同医学協会、ロンドン・リンネ協会会員
夏目 大 (ナツメ ダイ)  
翻訳家、ライター。翻訳学校フェロー・アカデミー講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)