• 本

セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争 上

出版社名 早川書房
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-15-209677-7
4-15-209677-2
税込価格 2,484円
頁数・縦 398P 19cm
シリーズ名 セガvs.任天堂

商品内容

要旨

弱小企業セガは、巨人・任天堂をいかにして打ち破ったのか?ソニー・ピクチャーズ映画化予定の傑作ビジネス・ノンフィクション!1990年、任天堂はアメリカにおける家庭用ゲーム機市場の90%超を握る圧倒的な存在だった。一方、セガは大いなる野心を秘めた注目株だったものの、アーケードゲーム専門の中小メーカーにすぎなかった。だが、トム・カリンスキーがセガ・オブ・アメリカのCEOに就任したのを機に、潮目が変わりはじめる―。「チーム・カリンスキー」が次々に繰り出す常識破りの奇策は、セガと任天堂の間に莫大な収益をめぐる「仁義なき戦い」を引き起こした。ソニックとマリオ、日本とアメリカがにらみ合い、家庭から米連邦議会に至るまで、あらゆる戦場で繰り広げられた激闘の行方は?600億ドル産業を生み出した企業戦争の内幕に、200人を超える取材で迫る痛快群像ノンフィクション。

目次

1 ジェネシス―あるいは、すべての始まり(好機到来
研究開発本部
トム・カリンスキーの物語 ほか)
2 ソニックvs.マリオ(変化の風
セガタウン
物理学者はご機嫌斜め ほか)
3 次のステージへ(狙われた標的
続篇、値下げ競争、そして…
罪の赦し ほか)

おすすめコメント

弱小企業セガは、いかに巨人・任天堂に戦いを挑んだのか? 90年代アメリカを主戦場に日米をまたいで繰り広げられ、のちのゲーム産業隆盛へとつながる企業戦争の内幕に、200人超の徹底取材で迫る。ソニー・ピクチャーズ映画化予定の痛快群像ノンフィクション

著者紹介

ハリス,ブレイク・J. (ハリス,ブレイクJ.)   Harris,Blake J.
ニューヨーク在住の作家・映像ディレクター。ジョージタウン大学卒業。デビュー作である『セガvs.任天堂―ゲームの未来を変えた覇権戦争』(2014年)は、NPR(全米公共ラジオ放送)、“パブリッシャーズ・ウィークリー”、“スレート”ほか各種メディアで年間ベストブックに選ばれ、絶賛を浴びる
仲 達志 (ナカ タツシ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)