• 本

セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争 下

出版社名 早川書房
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-15-209678-4
4-15-209678-0
税込価格 2,484円
頁数・縦 442P 19cm
シリーズ名 セガvs.任天堂

商品内容

要旨

絶対王者・任天堂からシェアをもぎ取ったセガは、なぜ転落していったのか?圧倒的筆力で描き切るゲーム界「三国志」!カリンスキーたちの大胆な戦略が功を奏し、セガはアメリカ市場で任天堂からシェアを奪い、業界トップに躍り出る。だが、両社が死闘を演じている間に、彼らはより深刻な対立に苦しんでいた。それは、セガ・オブ・アメリカと日本のセガ本社の間で起きつつあった内紛で、やがて想像を絶する「お家騒動」へとエスカレートしていく。革命的ゲーム機「ジェネシス(メガドライブ)」で市場を席巻する風雲児セガ、「SNES(スーパーファミコン)」と人気ソフトで巻き返しを図る巨大帝国・任天堂、そして、次世代機「プレイステーション」で参入の機をうかがう新星ソニー―三つ巴のゲーム界「三国志」を制し、覇者となるのは誰か?個性あふれる登場人物、熾烈な駆け引き、息をもつかせぬ展開で、隆盛期のゲーム業界に集った人々の栄光と挫折を描く壮大なサーガ。

目次

3 次のステージへ―承前(ボカの大盤振る舞い
大停電と大躍進の幕間に
ジャスト・ドゥー・イット ほか)
4 お家騒動―シビルウォー(グリンチに盗まれたクリスマス
フグの試練
押し寄せる蛮族の群れ ほか)
5 ウサギとカメ(「次世代」
人間の最良の友
『ナイトトラップ』の罠 ほか)

おすすめコメント

新興勢力セガ、巨大帝国・任天堂、そして第三極ソニー――三つ巴のゲーム界「三国志」を制し、覇者となるのは誰か? 隆盛期のゲーム業界に集った熱き人びとの栄光と苦悩を描き切る大河ノンフィクション。

著者紹介

ハリス,ブレイク・J. (ハリス,ブレイクJ.)   Harris,Blake J.
ニューヨーク在住の作家・映像ディレクター。ジョージタウン大学卒業。デビュー作である『セガVS.任天堂―ゲームの未来を変えた覇権戦争』(2014年)は、NPR(全米公共ラジオ放送)、“パブリッシャーズ・ウィークリー”、“スレート”ほか各種メディアで年間ベストブックに選ばれ、絶賛を浴びる
仲 達志 (ナカ タツシ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)