• 本

切腹考

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-16-390603-4
4-16-390603-7
税込価格 1,836円
頁数・縦 280P 20cm

商品内容

要旨

鴎外を読むことが、生きる死ぬるにつながるのである。かつて切腹のエロスに魅せられた詩人は鴎外に辿り着く。侍たちの死生観をさぐりつつ語りなおす「阿部一族」。日本語を解さぬ夫を看取りながらの「ぢいさんばあさん」。誕生、離別、天災…無常の世を生きるための文学。

目次

切腹考
鴎外先生とわたし
どの坂もお城に向かう
先生たちが声を放る
弥五右衛門
マーマイトの小瓶
普請中
ばあさんとぢいさん
ヰタ・リテラーリス
山は遠うございます
隣のスモトさん
阿部茶事談(抄)
ダフォディル
地震
(森林太郎トシテ死)

おすすめコメント

「世の中に切腹愛好家多しといえども、実際に生の切腹を見たことがある人は なかなかいないだろう。わたしはそのひとりなのだった。」(本文より) かつて切腹のエロスに魅せられた詩人は?外に辿り着く。侍たちの死生観をさぐりつつ語りなおす「阿部一族」。日本語を解さぬ夫を看取りながらの「ぢいさんばあさん」。離別、誕生、天災……無常の世を生きるための文学。熊本から異国の空へ、新たな代表作の誕生!

著者紹介

伊藤 比呂美 (イトウ ヒロミ)  
1955年、東京都生まれ。78年、『草木の空』でデビュー。80年代の女性詩ブームをリードする。97年に渡米した後、熊本に住む両親の遠距離介護を続けていた。99年、『ラニーニャ』で野間文芸新人賞、2006年、『河原荒草』で高見順賞、07年、『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞、08年、紫式部文学賞を受賞。15年、坪内逍遙大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)