• 本

出版社名 文芸社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-286-17793-9
4-286-17793-9
税込価格 540円

おすすめコメント

現実か否か甚だ曖昧な出来事が綴られた散文詩集である。明確な区切りがないので、前半は「幻覚」について記した長編詩として読むことができる。畳みかけて続く「幻覚」は脈絡なく跳ねまわり、読者には痛快でさえあるが、当事者は対処に苦慮しているはずで同情を禁じ得ない。後半の「母」は、危篤の母に対する筆者の切羽詰まった愛情が繰り返し述べられ、実に切なく哀しい。