• 本

ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、不便をとり入れてみてはどうですか? 不便益という発想

しごとのわ

出版社名 インプレス
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-295-00092-1
4-295-00092-2
税込価格 1,620円
頁数・縦 212P 19cm

商品内容

要旨

「最短・効率」はもう古い!?不便は手間だが役に立つ。「これから」の仕事術、発想法、商品づくり。

目次

序章 不便は手間だが役に立つ
第1章 そもそも、便利ってなんだ?
第2章 不便じゃないと楽しくならない!
第3章 これは不便益だ!(勝手に認定)
第4章 「便利」という害
第5章 安心も「仕掛け」も、不便から
第6章 「益をもたらす不便」の性質
第7章 不便益システムを作る
第8章 不便益を「形」にする

著者紹介

川上 浩司 (カワカミ ヒロシ)  
1964年島根県生まれ。京都大学工学部卒業、京都大学大学院工学研究科修了。京都大学デザイン学ユニット特定教授。博士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)