• 本

鳥の会議

出版社名 河出書房新社
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-309-02394-6
4-309-02394-0
税込価格 1,728円
頁数・縦 211P 20cm

商品内容

要旨

ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。ぼくがまさしに左目を潰されたら、みんなは仕返しにゲーセンに向かい、中学の教師や先輩からの挑発には暴力で反抗する。そんなある晩、神永はヤクザ者の親父をカッとなって殺してしまった…。にがさと痛みのなかで鮮烈に輝く少年たちの群像。

出版社
商品紹介

ぼくの左目はまさしにどつかれて腫れていた。それを知った神永たちは仕返しにゲーセンへ向かうが……少年が見つめた〈生命〉の傷跡。

おすすめコメント

ぼくの左目はまさしにどつかれて腫れていた。それを知った神永たちは仕返しにゲーセンへ向かうが…少年が見つめた〈生命〉の傷跡。

著者紹介

山下 澄人 (ヤマシタ スミト)  
1966年、兵庫県生まれ。富良野塾第二期生。96年より劇団FICTIONを主宰、作・演出・出演を兼ねる。2012年『緑のさる』(平凡社)で野間文芸新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)