• 本

日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-309-02594-0
4-309-02594-3
税込価格 1,728円
頁数・縦 205P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る

    三十三回忌を迎えた今なお、あの衝撃的な墜落事故は誰もが忘れることができないのではないだろうか。その理由は、悲惨さもあるが、何か不可解な事故後の対応。原因の発表の仕方や内容。山奥とはいえ、あまりにも時間がかかった救出。さまざまな目撃情報。どこか腑に落ちない気持ちが、事故を引きずっているように思える。そんな思いが、犠牲者の同僚だった元客室乗務員を動かした。著者は自らで取材をし、そのひとつひとつを検証しなおしている。読んでいて、辛い気持ちもあるが、事故に遭った犠牲者のもっと悔しい気持ちをおもいながら、読んでみる必要を感じた。

    (2017年10月22日)

商品内容

要旨

事故ではなく事件か!?墜落現場特定と救助はなぜ遅れたのか。目撃された戦闘機の追尾―あの事故で仲間を失った元客室乗務員が解き明かす!鎮魂のノンフィクション。

目次

序章 あの日に何が見えたのか
第1章 一九八五年八月十二日の記録
第2章 新たに浮かび上がるあの日の証言
第3章 『小さな目は見た』というもう一つの記録
第4章 三十三回忌に見えてきた新たな事実―目撃証言からの検証
終章 未来の目は見た

おすすめコメント

著者が当時の警察・自衛隊・政府関係者および、遺族、目撃者などに取材を続けるうえで新たに見えてきた新事実を書き下ろした一冊。

著者紹介

青山 透子 (アオヤマ トウコ)  
元日本航空国際線客室乗務員。国内線時代に事故機のクルーと同じグループで乗務。その後、官公庁、各種企業等の接遇教育インストラクター、専門学校、大学講師として活動。東京大学大学院博士課程修了、博士号取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)