• 本

アライバル

出版社名 河出書房新社
出版年月 2011年4月
ISBNコード 978-4-309-27226-9
4-309-27226-6
税込価格 2,700円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 32cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • アライバル…

    主人公の男は妻と娘に別れを告げ、海を渡って見知らぬ土地で新しい生活を始めます。そこは奇妙な生き物や食べ物など非現実的かつ幻想的な街。未知の世界に初めて上陸した人間が漂わせる冒険心と驚きや、過去の自分を捨てる辛さと新しい人生を歩むチャンスを手にした幸せが、精密なタッチでセピア色に描かれています。その圧倒的な絵は、文字はなくとも読むほどにページの向こう側の言葉が聞こえてくるような説得力です。子どもが読めば、過酷だけどそれを乗り越えて幸せをつかむ大人の社会を想像できるでしょう。大人が読めば子どもの頃の純真な気持ちで絵本のページをめくった感覚を取り戻せるかもしれません。文字はありませんが“読み応え”のある絵本です。

    (2015年1月29日)

  • 行き着いたのは希望か不安か。はじまりも終わりもあなたが決める字のない絵本。


    @増田書店×国立本店『国立ブックフェア2014 国立ほんとのサマー』紹介銘柄
    国立本店とは・・・
    国立市にあるコミュニティスペースを本拠地として、ほんとまち編集室が企画・運営。本・街・編集・デザインを意識しながら、さまざまなイベントやワークショップを行っています。 ( http://kunitachihonten.info/index.html )

    (2014年8月28日)

  • 人生何とかなるさというかケセラセラというか

    言葉のない絵本。新生活をはじめる時に誰もが感じるであろう様々な感情が絵のみで見事に表現されています。人生何とかなるさという思いというかケセラセラというか最終的には非常に前向きになれる本だと思います。大人同士でも、もちろん子供にも年末年始のプレゼントにおすすめです。


    (2011年12月24日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

新たな土地に移民した者が、その土地で生まれ変わり、新生児のように成長していく。そこには過去の自分を捨てなければならない辛さと、新しい人生を歩むチャンスを手にした幸せとの両面がある。それをまるでサイレント映画のように一切の文字を使用せず表現した、究極の文字なし絵本。

著者紹介

タン,ショーン (タン,ショーン)   Tan,Shaun
1974年、オーストラリアのパース郊外に生まれる。現在、メルボルン在住。イラストレーター、作家。舞台制作や映画制作も手がける。ショート・アニメーション『The Lost Thing』が、第83回アカデミー賞短編アニメーション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)