• 本

二大政党制批判論 もうひとつのデモクラシーへ

光文社新書 424

出版社名 光文社
出版年月 2009年10月
ISBNコード 978-4-334-03527-3
4-334-03527-2
税込価格 799円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

47%の得票で74%の議席獲得。民主党圧勝は民意といえるか?時代遅れになりつつある二大政党制の欠陥を指摘し、政党政治とデモクラシーを、いま改めて考える。

目次

第1章 政党はどのような存在なのか(「部分」としての政党
歴史の中の政党 ほか)
第2章 政治改革論と「政治工学」の始まり(有識者会議の提言
「小選挙区」か「併用制」か ほか)
第3章 二大政党制の誤謬(「デュヴェルジェの法則」と二大政党制
「単峰型社会」での政党政治 ほか)
第4章 歴史の中の政党政治―なぜ社会に根付かないのか(3つの革命と政党
社会ネットワークの中の政党 ほか)
第5章 もうひとつのデモクラシーへ(忘れられた「憲政=コンスティチューション」の政治
「闘技デモクラシー」の可能性 ほか)

著者紹介

吉田 徹 (ヨシダ トオル)  
1975年東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒、日本貿易振興機構、東京大学総合文化研究科、日本学術振興会特別研究員を経て、現在北海道大学法学研究科准教授(学術博士)。専門は比較政治学、ヨーロッパ政治(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)