• 本

カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方 完全保存版

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-478-02215-3
4-478-02215-1
税込価格 1,296円
頁数・縦 247P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 脳科学の権威である久保田競の妻で2人の息子を育てたカヨ子おばあちゃんの男の子のママ向けバイブル本です!
    厳しくも愛情溢れたしつけは子育てに不安や悩みを抱えているママに是非読んで欲しい育児本です。
    カヨ子おばあちゃんが実践したしつけが50項目も!実際私も10月に男の子を出産予定なのでとても参考になりました!

    (2012年9月12日)

商品内容

要旨

2人の息子を育てた“脳科学おばあちゃん”が贈る悩める男の子ママのバイブル!カヨ子ばあちゃんが自ら実践した50のしつけを一挙公開。

目次

第1章 運動する
第2章 手を使う
第3章 感覚をみがく
第4章 予測する
第5章 考える
第6章 生活とリズム
第7章 心のめざめ

出版社・メーカーコメント

男の子育児中の母親の不安感払拭するカヨ子節さく裂!「脳科学おばあちゃん」が初めて書いた男の子育児の決定版。脳科学の世界的権威である夫・競氏のサマリーも収録。説得力のある金言と具体的技術としての50の対処法が満載。カヨ子ばあちゃんの歴代書籍でも最高傑作!この1冊あれば、男の子の子育ては万全!

著者紹介

久保田 カヨ子 (クボタ カヨコ)  
1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法“クボタメソッド”を確立。テレビなどで“脳科学おばあちゃん”として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役
久保田 競 (クボタ キソウ)  
1932年、大阪生まれ。京都大学名誉教授、医学博士。1957年に東京大学医学部卒業後、同大学院に進学。当時、脳研究の第一人者であった時実利彦教授に師事し、脳神経生理学を学ぶ。大学院3年目に米国・オレゴン州立医科大学に留学。J.M.ブルックハルト教授のもとで、脳科学における世界最先端の研究に従事。帰国後、東京大学大学院を経て、1967年に京都大学霊長類研究所神経生理研究部門助教授に就任。1973年、同教授に就任し、同研究所所長を歴任する。2007年より国際医学技術専門学校副校長に就任、現在に至る。2011年、瑞宝中綬章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)