• 本

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-478-02580-2
4-478-02580-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 235P 19cm

■立ち読みページを見る (画像をクリックすると大きくなります)

■プロモーション動画を見る

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ゼロ

    刑期を終え、再び「ゼロ」からの一歩を踏み出す堀江貴文氏。すべてを失った今もなお希望を捨てずに歩み続けられるのは何故なのか。そして改革者として名を馳せた堀江氏は何を考え、いかなる努力を積み重ねてきたのか。堀江氏の「働く」ことに対する真剣な姿勢は若者の挑戦に大きなヒントをもたらしてくれることでしょう。「僕は今まで、誰かにわかってもらおうという努力をほとんどしてこなかった」という堀江氏。再出発の時を迎え、本当に伝えたいことを我々読者に語りかけます。

    (2013年12月3日)

商品内容

要旨

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

目次

第0章 それでも僕は働きたい
第1章 働きなさい、と母は言った―仕事との出会い
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ―迷い、そして選択
第3章 カネのために働くのか?―「もらう」から「稼ぐ」へ
第4章 自立の先にあるつながり―孤独と向き合う強さ
第5章 僕が働くほんとうの理由―未来には希望しかない

出版社・メーカーコメント

「誰もがゼロからスタートする。失敗してもゼロに戻るだけで、決してマイナスにはならない。だから一歩を踏み出すことを躊躇せず、前へ進もう」――なぜ堀江貴文は、逮捕されすべてを失っても希望を捨てないのか? 彼の思想のコア部分を、その「自伝的告白」と絡めながら述べる堀江本の決定版! 出所後初の書き下ろし!!

著者紹介

堀江 貴文 (ホリエ タカフミ)  
1972年福岡県八女市生まれ。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに、インターネット関連会社の有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。既得権益者と徹底的に戦う姿が若者から支持を集め、『稼ぐが勝ち』(光文社)がベストセラーに。しかし2006年1月、33歳のときに、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され、懲役2年6カ月の実刑判決を下される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)