• 本

自分の時間を取り戻そう ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-478-10155-1
4-478-10155-8
税込価格 1,620円
頁数・縦 251P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

残業ばかりで限界の管理職、家庭と仕事の両立に悩む母親、働きづめのフリーランス、会社が伸び悩んできた起業家。正樹、ケイコ、陽子、勇二―多忙で余裕のない4人の物語から浮かび上がる「日本で働く人たちの問題点」とは?そして今、世界中で進みつつある「大きな変化」とは?2つの視点から明らかになる、1つの重要な概念と方法論。超人気“社会派ブロガー”が「現代を生きぬくための根幹の能力」を解説する、シリーズ第3弾!

目次

「忙しすぎる」人たち
高生産性シフトの衝撃
よくある誤解
どんな仕事がなくなるの!?
インプットを理解する―希少資源に敏感になろう
アウトプットを理解する―欲しいものを明確にしよう
生産性の高め方(まずは働く時間を減らそう
全部やる必要はありません)
高生産性社会に生きる意味
それぞれの新しい人生

おすすめコメント

やるべきことが山積みで、気づいたら1日が終わっていた。 そんな経験をされている方は多いのではないでしょうか? 本書は、全ての人と組織に共通する「忙しさの本質」である、 「生産性の低さ」を改善する方法をレクチャーした一冊です。 生産性と聞くと「仕事のこと?」と思われるかもしれませんが、 本来の意味は「限られた時間や資源からどうやって価値を創出するのか」と いうこと。つまり生活のあらゆる場面に関連する重要な要素なのです。  「デキる男 正樹」  「頑張る女 ケイコ」  「休めない女 陽子」  「焦る起業家 勇二」 この本では、忙しすぎる四人のケーススタディと、現実の問題点や多数の事例を 交えながら、生産性を高めるための具体的メソッドをわかりやすく説明しています。 ワークライフバランスの実現に役立つ、おすすめの一冊です。 今回、立ち読みページも増量しました。 ぜひご一読ください。

出版社・メーカーコメント

生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

著者紹介

ちきりん (チキリン)  
関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)