• 本

二人のウィリング

ちくま文庫 ま50−2

出版社名 筑摩書房
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-480-43343-5
4-480-43343-0
税込価格 886円
頁数・縦 294P 15cm

商品内容

要旨

ある夜、自宅近くのたばこ屋でウィリングが見かけた男は、「私はベイジル・ウィリング博士だ」と名乗ると、タクシーで走り去った。驚いたウィリングは男の後を追ってパーティー開催中の家に乗り込むが、その目の前で殺人事件が…。被害者は死に際に「鳴く鳥がいなかった」という謎の言葉を残していた。発端の意外性と謎解きの興味、サスペンス横溢の本格ミステリ。

おすすめコメント

本人の目前に現れたウィリング博士を名乗る男は誰か。「啼く鳥は絶えてなし」というダイイングメッセージの謎をめぐる冒険が始まる。解説 深緑野分

著者紹介

マクロイ,ヘレン (マクロイ,ヘレン)   McCloy,Helen
アメリカのミステリ作家。1904年ニューヨーク生まれ。ソルボンヌ大学に留学、パリとロンドンで美術批評家、新聞記者として活動し、1932年に帰国。精神科医ウィリング博士を探偵役とした『死の舞踏』(1938)でデビュー。本格推理からサスペンスまで多彩な作風で人気を博した。1994年没
渕上 痩平 (フチガミ ソウヘイ)  
元・外務省職員。海外ミステリ研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)