• 本

盤上の夜

創元SF文庫 SFみ2−1

出版社名 東京創元社
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-488-74701-5
4-488-74701-9
税込価格 886円
頁数・縦 333P 15cm

商品内容

要旨

彼女は四肢を失い、囲碁盤を感覚器とするようになった―。若き女流棋士の栄光をつづった表題作をはじめ、同じジャーナリストを語り手にして紡がれる、盤上遊戯、卓上遊戯をめぐる6つの奇蹟。囲碁、チェッカー、麻雀、古代チェス、将棋…対局の果てに人知を超えたものが現出する。デビュー作品集ながら直木賞候補となり、日本SF大賞を受賞した、2010年代を牽引する新しい波。

著者紹介

宮内 悠介 (ミヤウチ ユウスケ)  
1979年東京生れ。早稲田大学第一文学部卒。第1回創元SF短編賞に投じた「盤上の夜」で山田正紀賞(選考委員特別賞)を受賞。『盤上の夜』で第147回直木賞候補、第33回日本SF大賞受賞。『ヨハネスブルグの天使たち』で第149回直木賞候補、第34回日本SF大賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)