• 本

個人情報保護法の知識

第2版

日経文庫 1209

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2010年1月
ISBNコード 978-4-532-11209-7
4-532-11209-5
税込価格 1,080円
頁数・縦 230P 18cm

商品内容

要旨

難解といわれる個人情報保護法を、図表や事例を多用してわかりやすく解説。関連する法令や最新の政令・基本方針・省庁指針を踏まえた内容です。「個人情報」「個人データ」「保有個人データ」の3つの分類に沿って、課せられる義務と対策を詳述します。「メールアドレスは個人情報になるか」など、実務で問題になるポイントを漏れなく取り上げています。個人情報保護法の施行後に起きている、過剰反応・過剰保護などの問題についても言及しています。

目次

プロローグ 国政を変えた個人情報
1 個人情報保護法制のあゆみ
2 個人情報保護法とは何か
3 民間事業者が負う義務
4 個人情報に関する義務
5 「個人データ」に関する義務
6 「保有個人データ」に関する義務
7 企業の対応とコンプライアンス
エピローグ 真価を問われる個人情報保護法

著者紹介

岡村 久道 (オカムラ ヒサミチ)  
弁護士(弁護士法人英知法律事務所代表)。1958年生まれ。京都大学法学部卒業。国立情報学研究所客員教授。神戸大学法科大学院でも知的財産権法の講座を担当。博士(情報学)。専門は情報法、知的財産法。総務省「情報通信行政・郵政行政審議会」委員。内閣官房IT戦略本部「IT戦略の今後の在り方に関する専門調査会」委員のほか、内閣官房情報セキュリティセンター、内閣府、経済産業省、京都府などの委員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)