• 本

究極のクロマグロ完全養殖物語

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-532-16799-8
4-532-16799-X
税込価格 1,728円
頁数・縦 228P 19cm

商品内容

要旨

手で触ると死んでしまうクロマグロの幼魚を必死に育て、世界で初めて産卵させることに成功。しかしその後、なぜか11年間も産卵がストップ。やっと孵化させた幼魚は猛烈な共食いを始めた。ようやく生簀に運べるほどに育てたら、ほとんどが囲いの壁に激突し、首の骨を折って全滅状態。なんとか大きく育てても、大型台風に襲われ、海の藻屑に…。数々の試練を乗り越えて、世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功した熊井教授と近畿大学水産研究所の挑戦と苦闘を描く。

目次

プロローグ―たったひと筋の光も見えない暗闇の中で
第1章 船出―クロマグロ完全養殖へ
第2章 漂流―停滞する養殖研究
第3章 嵐を越えて―ついに完全養殖成功
第4章 研究の進展
第5章 新たな船出―産業化に向かって
第6章 海産養殖の歴史とともに
第7章 クロマグロの現代事情

著者紹介

熊井 英水 (クマイ ヒデミ)  
1935年、長野県塩尻市生まれ。1958年、広島大学水畜産学部(現・生物生産学部)卒。同年、近畿大学水産研究所入所。以来、ヒラメ、イシダイ、カンパチなど約20種の初の人工孵化・飼育あるいは完全養殖に成功。2002年、クロマグロ完全養殖に成功。2003年、水産分野で唯一、文部科学省「21世紀COEプログラム」に選定され、拠点リーダーを務める。2008年3月まで近畿大学水産研究所所長。現在、近畿大学理事・教授。農学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)