• 本

肥料の上手な効かせ方 だれでもできる 基礎からわかる野菜の施肥

出版社名 農山漁村文化協会
出版年月 2008年4月
ISBNコード 978-4-540-07320-5
4-540-07320-6
税込価格 1,620円
頁数・縦 121P 21cm

商品内容

要旨

作物別に異なる養分の吸収特性、肥料成分の土壌中での動き方、畑の土壌状態のつかみ方、堆肥など有機質資材の肥料分の求め方など、肥料を本当に効かせていくためのポイントを解説。「ムリ」「ムダ」のない野菜施肥の実際を、基礎から導く。―初心者はもちろん、一から施肥を見直したいベテランの農家、指導者まで役立つ1冊。

目次

第1章 今、畑では(養分が過剰な畑がふえている
あなたの畑はどの養分蓄積タイプ ほか)
第2章 よく効く施肥の基礎(肥料はなぜ必要か?
「肥料‐土‐根」の関係から見た肥料の動き ほか)
第3章 肥料の効果を高める技術(作物の栄養特性にあった施肥時期
吸収効率のよい施肥位置 ほか)
第4章 土壌診断の活用(土壌診断項目の意味
pHとECによる簡易診断 ほか)
第5章 作物別施肥法(果菜類の施肥
葉菜類の施肥 ほか)

目録情報

過剰施肥を防ぎながら,省力で,高品質多収を目指すための新しい施肥管理の理論と実際を解説。(日本農業書総目録より)

著者紹介

藤原 俊六郎 (フジワラ シュンロクロウ)  
1947年、岡山県生まれ。1970年、島根大学農学部卒。神奈川県農業総合研究所、同園芸試験場、県農政部農業技術課などを経て、神奈川県農業技術センター副所長で退職。現在、農林水産技術情報協会。明治大学農学部客員教授。農学博士。技術士(農芸化学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)