• 本

流れて、流しの新太郎 新宿・四谷荒木町の演歌師伝説

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-584-13817-5
4-584-13817-6
税込価格 1,620円
頁数・縦 222P 図版8枚 19cm

商品内容

要旨

上野の地下道から全国流転の旅人生。演歌師にして日本のブルースマンが語る人情昭和と哀愁酒場。

目次

序章 荒木町の新太郎
第1章 浮浪児から流しへ
第2章 北へ
第3章 西へ
第4章 平塚の新太郎
終章 荒木町に骨を埋めたい

おすすめコメント

5歳の時、上野で母親とはぐれ浮浪児となり全国を転々とした、伝説のギター流し・平塚新太郎の物語。新太郎に関連した人物・出来事から透視した私的昭和史という縦糸に、世相・大衆芸能史の横糸を絡めた、昭和という時代へのオマージュ。

著者紹介

千都 譲司 (セント ジョウジ)  
ノンフィクションライター。昭和24年、東京生まれ。コンピュータ関連の雑誌編集、マニュアル執筆等を経て、現在に至る。平成21年から3年間、「囲碁未来」(日本棋院発行)に、少年が囲碁を通じて成長していく物語『キッド』を連載、好評を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)