• 本

看護婦の歴史 寄り添う専門職の誕生

出版社名 吉川弘文館
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-642-03863-8
4-642-03863-9
税込価格 3,780円
頁数・縦 191,3P 22cm

商品内容

要旨

しかるべき養成を受けた看護婦は明治に誕生した。看護婦を「女性が多く就く労働者」と見なし、「どこで」「誰を」看護していたかという基準で、養成方法や職務内容などの歴史を描く。今日の看護の労働実態の根源に迫る。

目次

序章 女性が多く就く労働者としての看護婦の歴史
第1章 資格職としての看護婦
第2章 戦地に派遣された看護婦
第3章 派出看護婦会で働く看護婦
第4章 病院で働く看護婦
第5章 貧困な患者のために働く看護婦
第6章 海外により近かった看護婦
第7章 小学校で働く看護婦
終章 新たな役割が期待される看護師

おすすめコメント

しかるべき養成を受けた看護婦は、明治期の感染症の流行や戦争による傷病者の増加を契機として誕生した。日本赤十字社、済生会、聖路加病院、派出看護婦会などの活動に注目。看護婦を「女性が多く就く労働者」と見なし、「どこで」「誰を」看護していたのかという基準で、養成方法や職務内容、待遇の歴史を解明。今日の看護の労働実態の根源に迫る。

著者紹介

山下 麻衣 (ヤマシタ マイ)  
1974年大阪府大阪市に生まれる。1999年大阪大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。現在、京都産業大学経営学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)