• 本

人類進化の謎を解き明かす

出版社名 インターシフト
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-7726-9551-0
4-7726-9551-6
税込価格 2,484円
頁数・縦 337P 20cm

商品内容

要旨

ヒトの心や社会ネットワークはいかに進化したか?私たちはいかにして「人間」になったのか、心や社会ネットワークはどのように進化したのか―謎を解く鍵は、「社会脳」と「時間収支(1日の時間のやりくり)」にある。「ダンバー数」で知られる著者が、人類進化のステージを初めて統合する!

目次

第1章 人類とはなにか、いかに誕生したのか
第2章 なにが霊長類の社会の絆を支えたか
第3章 社会脳仮説と時間収支モデル
第4章 第一移行期:アウストラロピテクス―時間収支の危機をどう解決したか
第5章 第二移行期:初期ホモ属―脳の増大をもたらした要因
第6章 第三移行期:旧人―料理と音楽、眼と脳
第7章 第四移行期:現生人類―なぜ繁栄することができたのか
第8章 血縁、言語、文化はいかにつくられたか
第9章 第五移行期:新石器時代以降―私たちが「人間」になった理由

著者紹介

ダンバー,ロビン (ダンバー,ロビン)   Dunbar,Robin
オックスフォード大学の進化心理学教授。英国学士院の特別会員として、「ルーシーから言語へ」プロジェクトの共同ディレクターも務めていた。ダンバー数や社会脳仮説の提唱者として知られる
鍛原 多惠子 (カジハラ タエコ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)