• 本

鳥類学者無謀にも恐竜を語る

生物ミステリー

出版社名 技術評論社
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-7741-5565-4
4-7741-5565-9
税込価格 2,030円
頁数・縦 268P 21cm

商品内容

要旨

本書の主題は、鳥類と恐竜の緊密な類縁関係を拠り所とし、鳥類の進化を再解釈することと、恐竜の生態を復元することである。この本は恐竜学に対する挑戦状ではない。身の程知らずのラブレターである。

目次

序章 恐竜が世界に産声をあげる(恐竜とはどんな生物か
恐竜学の夜明け、そして…)
第1章 恐竜はやがて鳥になった(生物の「種」とはなにかを考える
恐竜の種、鳥類の種 ほか)
第2章 鳥は大空の覇者となった(鳥たらしめるもの
羽毛恐竜は飛べるとは限らない ほか)
第3章 無謀にも鳥から恐竜を考える(恐竜生活プロファイリング
白色恐竜への道 ほか)
第4章 恐竜は無邪気に生態系を構築する(世界は恐竜で回っている
恐竜の前に道はなく、恐竜の後ろに道はできる ほか)

おすすめコメント

鳥は恐竜から進化した。かっこいいTレックスやでっかいアパトサウルスを生み出した恐竜は、紆余曲折を経て、今を生きるかわいい鳥なったというわけだ。だとすると……鳥類学者は恐竜学者とも言えるのではないか? そのへんをパタパタ飛んでる鳥を観察すれば、太古の恐竜のアレコレがわかってしまうのではないか!?これは実際に、鳥類学者に恐竜を語って頂くしかない。そんな難問に挑む、一人の鳥類学者。ユニークな視点と大胆な発想をもとに、恐竜の息吹を蘇らせる。無謀とも言える挑戦で見えてきた恐竜の姿とは、一体どんなものなのだろうか?

著者紹介

川上 和人 (カワカミ カズト)  
森林総合研究所主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)