• 本

暴力の人類史 下

出版社名 青土社
出版年月 2015年2月
ISBNコード 978-4-7917-6847-9
4-7917-6847-7
税込価格 4,536円
頁数・縦 583,78P 20cm
シリーズ名 暴力の人類史

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

にわかに信じがたいかもしれないが、私たちは人類史上最も平和な時代に生きている。日々世界で起きる紛争・殺戮の報道を尻目に、じつは暴力は日に日に減っているのだ―。人類史の膨大な例証と、意識進化の仮説から導き出された、暴力の減衰は平和の招来という驚くべきヴィジョン。7000年の歴史を駆け抜ける前代未聞の知の冒険。人類の未来に向けた希望の書。

目次

第7章 権利革命
第8章 内なる悪魔
第9章 善なる天使
第10章 天使の翼に乗って

著者紹介

ピンカー,スティーブン (ピンカー,スティーブン)   Pinker,Steven
認知科学者、進化心理学者。ハーバード大学心理学教授。ヒトの言語獲得や脳機能としての言語能力について従来の説をこえて、「本能」あるいは生物的適応であるという新説を唱え衝撃を与える。ダニエル・デネットらとともに意識の進化を研究する最先端の論者。2004年に「タイム」誌の「世界で最も影響力のある100人」のひとりに選ばれた
幾島 幸子 (イクシマ サチコ)  
翻訳家。早稲田大学政経学部卒業
塩原 通緒 (シオバラ ミチオ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)