• 本

「超」怖い物語 1

屍村

竹書房文庫 HO−33

出版社名 竹書房
出版年月 2006年9月
ISBNコード 978-4-8124-2818-4
4-8124-2818-1
税込価格 596円
頁数・縦 270P 15cm

商品内容

要旨

実話怪談でお馴染みの「超」怖い話に、手強いライバルが誕生した。実話にとらわれず、よりイマジネーション豊かに「恐怖」というものを追及した本書、「超」怖い物語である。「超」怖い話の黎明期を引っぱってきた、あの二代目編著者・樋口明雄が、小説という新たなフィールドで恐怖を紡ぎに帰ってきた。だがしかし、ここに納められた22の短編は、単なる作り話ではすまされない。主人公は著者と同じ物書きであり、怪異の舞台は著者と馴染みの深い山や自然の中であったりする。つまりどこまでが現実でどこからが空想なのか、その境は非常に曖昧と言わざるを得ないのだ。生と死、夢と現、異質なるものが交じり合う境界で産声をあげたハイブリッド・ホラー。

おすすめコメント

実話怪談でお馴染みの「超」怖い話に、手強いライバルが誕生した。実話にとらわれず、よりイマジネーション豊かに「恐怖」というものを追及した本書、「超」怖い物語である。「超」怖い話の黎明期を引っぱってきた、あの二代目編著者・樋口明雄が、小説という新たなフィールドで恐怖を紡ぎに帰ってきた。だがしかし、ここに納められている22の短編は、単なる作り話ではすまされない。主人公は著者と同じ物書きであり、怪異の舞台は著者と馴染みの深い山や自然の中であったりする。つまりどこまでが事実でどこからが空想なのか、その境は非常に曖昧と言わざるを得ないのだ。生と死と、夢と現、異質なるものが交じり合う境界で産声をあげたハイブリット・ホラー、その戦慄の声を聞け――。

著者紹介

樋口 明雄 (ヒグチ アキオ)  
1960年、山口県岩国市生まれ。雑誌編集などを経て専業作家となる。以後、冒険小説、ハードボイルド、ナンセンス、ホラー、漫画原作など幅広いジャンルで執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)