• 本

イブン・バットゥータと境域への旅 『大旅行記』をめぐる新研究

出版社名 名古屋大学出版会
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-8158-0861-7
4-8158-0861-9
税込価格 6,264円
頁数・縦 391,73P 22cm

商品内容

要旨

中国、インド、北方ユーラシア、アフリカなど、イスラーム世界の海・陸の「境域」情報を伝える『大旅行記』は、まさに記録史料の宝庫と呼ぶにふさわしい。完訳を成し遂げた碩学による新たな到達点。

目次

第1部 イブン・バットゥータ研究のために(イブン・バットゥータの生涯とその時代
『大旅行記』の構成と諸写本
『大旅行記』の研究と真偽性
紀行文学としてのメッカ巡礼記)
第2部 海の境域への旅―イブン・バットゥータの見たインド洋海域世界(インド洋海域世界の隆盛と中国船
マラッカ海峡の港市国家スムトラ・パサイ王国
イブン・バットゥータのマルディヴ諸島訪問
東アフリカ・スワヒリ世界の形成とクルワー王国
アラビア海を結ぶ人の移動と交流)
第3部 陸の境域への旅―ユーラシアとサハラ・スーダーン(アナトリア世界のトルコ・イスラーム化
境域としてのドナウ・デルタとバーバー・サルトゥーク伝承
ブルガール旅行はフィクションか
中央アジアとインドを結ぶヒンドゥー・クシュ越え交通ルート
サハラ砂漠を越えてのイスラーム・ネットワーク拡大)

著者紹介

家島 彦一 (ヤジマ ヒコイチ)  
1939年東京に生まれる。1966年慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程中退。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授、早稲田大学教育学研究科特任教授などを経て、東京外国語大学名誉教授、文学博士(慶應義塾大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)