• 本

2015年の広告会社 80%の広告マンが市場から消える

出版社名 日新報道
出版年月 2011年11月
ISBNコード 978-4-8174-0734-4
4-8174-0734-4
税込価格 2,160円
頁数・縦 222P 19cm

商品内容

要旨

広告の時代は終わった。旧来の広告会社に明日はない。シンボリック・アナリストの時代へ。

目次

はじめに 広告界の革新に立ち向かう多くの勇者へ―意志する賢者には必ず栄光の道が開ける
第1章 「広告の時代」の終わりの始まり―ユビキタス社会の到来による必然の歴史的帰結
第2章 広告会社は勇気ある革新断行の時―イノベーションのみが会社を倒産から救う
第3章 広告代理業から問題解決業へ―市場はクリエイティブ資本の時代となった
第4章 80%の広告マンが失職する日―21世紀の花形プロはシンボリックアナリスト
第5章 広告会社でない広告会社の創造―インターラクティブ・フル・ソリューション・サービス会社の誕生
おわりに 行動だけがブレイクスルーを可能にする―即判断、即決断、即行動‐賽は投げられた

著者紹介

植田 正也 (ウエダ マサヤ)  
1937年、静岡生まれ。早稲田大学卒。毎日広告社、日本デザインセンター、マドラなどでコピーライター、クリエイティブディレクターを務める。1990年にフリーランサーとなり、経営コンサルタント、コミュニケーションディレクター、社員教育、講演、執筆、出版プロデュースを行っている。早稲田大学アジア太平洋研究センター「早稲田大学ビジネススクール」講師。日本ペンクラブ会員、日本広告学会会員。広告革新塾主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)