• 本

ツイッター部長のおそれいりこだし お客様と築く140文字のコミュニティ

出版社名 日経BP社
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-8222-4811-6
4-8222-4811-9
税込価格 1,512円
頁数・縦 165P 19cm

商品内容

要旨

ダジャレだけで2万5千人以上のファンを集めたカトキチ部長。楽しく、深く、絶妙なそのノウハウを開陳します。

目次

序章 ツイッター部長の日々
1章 思いやりと一体感でコミュニティを盛り上げる
2章 ダジャレ名言ツイートの秘密
3章 メディアになろう!
4章 ツイッター部長は接客業で磨かれた
5章 無謀に始めて映像的に進める

おすすめコメント

■宣伝ゼロ、費用もほぼゼロ、ダジャレで2万5000人超のファンを集める! 商品の宣伝も告知もせず、費用もかけず、ツイッターで2万5000人のファンを作り、うどんのコミュニティを築いたカトキチ(現テーブルマーク)の末広栄二部長。“カトキチ部長”“ツイッター部長”と呼ばれる末広氏が繰り出すのは、「おそれいりこだし」「ありカトキチ」「麺類皆兄弟」「おはようございま すうどん」などダジャレの数々! お客様をファンに変え、サポーターに変身させたツイッター部長のダジャレの世界をご紹介します。 ■“カトキチ部長”のノウハウ満載!一見するとただのオヤジギャグに見えるカトキチ部長のダジャレツイート。しかしそのダジャレには、お客様との距離を縮めながら、決して失礼にならないという絶妙さと、お客様を大事にするホスピタリティとがあふれています。そんなカトキチ部長のツイッター術を詳しく解説します。 ■牛角・お菓子チェーンで磨いた接客の心をツイッターに生かす! カトキチ部長のツイッター術は、実は接客業と共通するところが多くあります。お客様を楽しませる、お名前で呼ぶ、コミュニケーションをとる、間を大事にするなど、焼肉チェーンの牛角やお菓子チェーンで役員として働いた経験や、映像会社を経営して経験と合わせながら、お客様との新しい関係を築きたい企業に必要な心構えをご紹介します!

著者紹介

末広 栄二 (スエヒロ エイジ)  
栃木県出身。2年間米国カリフォルニア州ロサンゼルスに遊学した後、帰国して通訳、広告関連の仕事を経て、1984年に映像制作会社を起業。99年に会社を譲り、創業間もないレックス・ホールディングスに入社し、牛角のフランチャイズ展開に伴うブランディング、マニュアルの映像化、ブランド育成、社員・アルバイト教育、新事業立ち上げなどに携わり、執行役員となる。2005年にシャトレーゼに入社し、社長付執行役員。リゾートホテル、ゴルフ場、ワイナリーを支援(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)