• 本

コンピュータの構成と設計 ハードウエアとソフトウエアのインタフェース 下

第5版

出版社名 日経BP社
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-8222-9843-2
4-8222-9843-4
税込価格 4,536円
頁数・縦 P362〜714 24P 24cm
シリーズ名 コンピュータの構成と設計

商品内容

要旨

クライアントからクラウドまでの最新並列処理技術を徹底解説。クラスタやウエアハウス・スケール・コンピュータといったSaaSなどが普及する現代に必須の知識を解説。

目次

5 容量と速度の両立:記憶階層の利用(メモリ・テクノロジ
キャッシュの基礎 ほか)
6 クライアントからクラウドまでの並列プロセッサ(並列処理プログラム作成の困難さ
SISD、MIMD、SIMD、SPMD、ベクトル ほか)
A アセンブラ、リンカ、SPIMシミュレータ(アセンブラ
リンカ ほか)
B 論理設計の基礎(ゲート、真理値表、論理式
組み合わせ論理 ほか)

著者紹介

パターソン,デイビッド・A. (パターソン,デイビッドA.)   Patterson,David A.
1977年にカリフォルニア大学バークレー校で教職について以来、コンピュータ・アーキテクチャを教えてきており、コンピュータ科学の寄付講座(第21代カリフォルニア州知事Pardeeの資金提供によって運営されている)を担当している。彼の教育法は高く評価され、カリフォルニア大学から傑出教育賞、米国計算機学会(ACM)からカールストーム賞、IEEEからマリガン教育メダルおよび大学学部ティーチング賞を、それぞれ受賞している
ヘネシー,ジョン・L. (ヘネシー,ジョンL.)   Hennessy,John L.
スタンフォード大学の学長を務めているが、1977年以来ずっと教授陣の一員として電子工学およびコンピュータ・サイエンスの両学科を受け持っている。IEEEおよび米国計算機学会(ACM)の会員であるとともに、米国工学アカデミー、米国科学アカデミー、アメリカ哲学協会、米国芸術科学アカデミーのメンバーでもある。受賞した多くの賞の中には、RISC技術に貢献したことによる2001年のエッカート・モークリー賞、2001年のセイモア・クレイ・コンピュータ賞、David Pattersonと共同受賞した2000年のジョン・フォン・ノイマン賞がある
成田 光彰 (ナリタ ミツアキ)  
1942年生まれ。1965年、一橋大学経済学部を卒業、住友スリーエム(株)に入社。主に情報システム部においてアプリケーションシステムの開発に従事。1986年に同社を退社し(株)アシストに入社。主にドキュメント部にてマニュアルの翻訳を指導。1989年、同社を退社し、現在はフリーの翻訳家。第1種情報処理技術者、システム監査技術者、および英語検定1級の資格を保持。日本野鳥の会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)