• 本

社長は少しバカがいい。 乱世を生き抜くリーダーの鉄則

出版社名 WAVE出版
出版年月 2013年2月
ISBNコード 978-4-87290-600-4
4-87290-600-4
税込価格 1,512円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

戦後の焼け野原から、バブル崩壊、デフレ、東日本大震災まで。数々の危機を潜り抜けた「名物社長」の教え。

目次

第1章 社長は社長をやれ。(社長は、高く「旗」を掲げろ。
社長はバカになって、「本気」を伝えろ。 ほか)
第2章 社長はカッコつけるな。(社長は、奇麗事を言うな。
暴走できるくらいの権力をもて。 ほか)
第3章 社長は「人間」を知り尽くせ。(社長は「常識」をひっくり返せ。
社長は「営業のプロ」であれ。 ほか)
第4章 社長は心意気をもて。(バカでなくて大将が務まるか。
社長は群れるな、逆を行け。 ほか)

おすすめコメント

エステー株式会社会長 鈴木喬氏の恐るべき実績に裏付けられた究極のリーダー論!「脱臭炭」「ムシューダ」などシェアトップ商品を次々開発!ユニークなCMで「消臭力」を120億ブランドに!劇的リストラで株価360円を2380円にV字回復!P&G、ジョンソンを相手にグローバルに戦う!

著者紹介

鈴木 喬 (スズキ タカシ)  
1935年(昭和10年)、東京生まれ。小学生のころから家業を手伝う。1959年一橋大学商学部を卒業。父と兄がエステー化学工業(株)(現エステー)を設立していたが、日本生命に入社。年間契約高1兆円以上のトップセールスマンとして活躍した。1985年、エステーに出向。1998年に社長に就任する。バブル期に膨らんだ「負の遺産」を大リストラするとともに、新商品開発を年間1点に限定。失敗の許されない状況で、全社の反対を押し切って発売した「消臭ポット」を大ヒットさせる。その後、「消臭力」「脱臭炭」「米唐番」などヒットを連発。2005年3月期には創業以来最高の純利益18億円を達成、売上高も社長就任時から20%増やした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)