• 本

GADV仮説−生命起源を問い直す

学術選書 010

出版社名 京都大学学術出版会
出版年月 2006年4月
ISBNコード 978-4-87698-810-5
4-87698-810-2
税込価格 1,620円
頁数・縦 191P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

化学進化で容易に合成される4種のアミノ酸からなるタンパク質こそ、初めて複製と代謝を行った生命の起源だ―生命起源説の主流とされる「RNAワールド仮説」に真っ向から異を唱え、既存の諸説が抱える様々な矛盾点を説明する「GADVタンパク質仮説」を提唱して話題を呼んだ著者が、初めて書き下ろす生命起源論の新しい展開。

目次

第1章 生命活動の源―タンパク質と遺伝子
第2章 原始地球と化学進化―「GADV」‐アミノ酸の生成
第3章 生命誕生への第一歩―「GADV」‐タンパク質ワールドの形成
第4章 生命誕生への確かな歩み―GNC原初遺伝暗号の成立
第5章 生命の誕生へ―(GNC)n原初遺伝子と生命の基本システムの形成
第6章 生命進化から生物進化へ―生命の基本システムの発展
第7章 多様な生物種の誕生
第8章 「GADV」‐タンパク質ワールド仮説と生命の基本システム
第9章 「GADV」‐タンパク質ワールド仮説とRNAワールド仮説

著者紹介

池原 健二 (イケハラ ケンジ)  
奈良女子大学・理学部・化学科・機能化学講座教授。京都大学工学博士。1944年生まれ。京都大学工学部工業化学科卒業。京都大学工学研究科工業化学専攻修士課程修了。京都大学工学研究科工業化学専攻博士課程中途退学。東京大学理学部生物化学教室助手。奈良女子大学理学部化学科助教授を経て現職。その間、アメリカ国立衛生研究所(NIH)に10ヶ月間在籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)