• 本

境域のアルスマグナ 3

紅蓮の王と幽明境の君

MF文庫J え−01−03

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-04-069346-0
4-04-069346-9
税込価格 626円
頁数・縦 295P 15cm
シリーズ名 境域のアルスマグナ

商品内容

要旨

“継ぎ接ぎ公爵”レオ・フランケンシュタインを退けた怜生。それを期に連盟は、妖精人の国を建立する計画を本格始動させる。一方“青の医術師団”が世界的な糾弾の対象となり、その騒動を衝いて人造人間(ホムンクルス)の少女たちが脱走を果たす。彼女たち、イロハ、ニイナ、サクヤは自分たちの夢を叶えるため“緋の龍王”に戦いを挑むのだが―。さらに、既にこの世に存在しないはずの人物までもが、怜生の前に姿を現す。誰もが夢を憧れを願いを抱き相対する黄金巨樹の上、怜生と花蓮は理想郷に至るのか!?超絶過激な魔王の狂宴、再び誓いの言葉を交わす第三幕!

おすすめコメント

混沌と騒乱を愛する、無貌の影――《幽明境の君》ダビド・パピヤス。 《継ぎ接ぎ公爵》レオ・フランケンシュタインを退けた怜生。ついに彼の中に眠る〈王〉の力に隠された秘密が明らかになり、さらに、既にこの世に存在しないはずの人物が、彼の前に姿を現して――。

著者紹介

絵戸 太郎 (エド タロウ)  
第十二回MF文庫Jライトノベル新人賞で最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)