• 本

野球新セオリー・戦術入門

出版社名 池田書店
出版年月 2014年10月
ISBNコード 978-4-262-16627-8
4-262-16627-9
税込価格 1,296円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

古い野球では、もう勝てない!野球界きっての論客“仁志敏久”が異を唱える!!最先端のセオリーを分析&解説。

目次

序章 野球についてわかってきたこと
第1章 攻撃編―バッティング指導における重要なセオリーとは?
第2章 守備編―「基本」という言葉が誤解を生んでしまう
第3章 戦術編―伝統からデータ重視へ多彩になった戦術
第4章 練習編―現代的な視点で考える野球の「練習」
第5章 チーム編成編―アマチュアだからこそのチーム編成を考える

著者紹介

仁志 敏久 (ニシ トシヒサ)  
1971年生まれ。茨城県出身。常総学院高校、早稲田大学、日本生命を経て1996年に読売ジャイアンツに入団。学生、社会人ではショート、サードなどで活躍。プロでは主にセカンドを守り、強打の内野手として人気に。2007年に横浜ベイスターズに移籍。2010年にアメリカ独立リーグに移籍するも故障のため引退。1996年新人王、ゴールデングラブ賞4回。2013年侍ジャパンコーチに就任。2014年侍ジャパン12U監督就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)