• 本

旅立ちぬ 文庫書下ろし/長編時代小説 吉原裏同心抄

光文社文庫 さ18−63 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-334-77437-0
4-334-77437-7
税込価格 670円
頁数・縦 329P 16cm

商品内容

要旨

幼馴染の汀女とともに故郷の豊後岡藩を出奔し、江戸・吉原に流れ着いた神守幹次郎は、剣の腕を見込まれ、廓の用心棒「吉原裏同心」となった。時は流れ、花魁・薄墨太夫が自由の身となり、幹次郎は汀女、薄墨改め加門麻との三人で新しい生活を始める。幼い頃に母と訪ねた鎌倉を再訪したいと願う麻に応え、幹次郎らは鎌倉へ向かう。旅からはじまる新しい物語、開幕。

おすすめコメント

新抄開始!薄墨太夫こと加門麻、神守幹次郎と汀女、女裏同心となった澄乃。4人の周りで起きる事件に幹次郎はどうする…。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年北九州市生まれ。闘牛カメラマンとして海外で活躍後、主にノンフィクション作品を発表する。’99年初の時代小説「密命」シリーズを手始めに、次々と時代小説を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)