本、雑誌、CD・DVDをお近くの本屋さんに送料無料でお届け!

    本のこだわり検索


    トップ > 本・コミック > 文庫 > 雑学文庫 > 光文社 知恵の森文庫


    本

    声に出して笑える日本語

    知恵の森文庫 tた4−1
    立川談四楼/著
    出版社名 : 光文社
    出版年月 : 2009年4月
    ISBNコード : 978-4-334-78527-7
    (4-334-78527-1)
    税込価格 : 778円
    頁数・縦 : 220P 16cm
    出荷の目安 : 通常1〜2日で出荷します

    この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

    商品の内容

    [要旨]

    アナウンサーの致命的な言い間違いから、思わずニヤリの上品な下ネタ、そして愛すべき落語の世界の味わい深いセリフまで。酒場で飲んでいても昼寝中でも、行き交う言葉に耳を澄ませて集めた「笑える日本語」の数々。落語家にして小説家でもある著者ならではの「耳の付け所」が冴え渡る!確実に笑えてタメになる傑作エッセイ。一席、お付き合いのほどを。

    [目次]

    ズンドコ
    海のモズク
    ハングル精神
    ガイコン者
    ひまつぶし
    おサツを申し上げます
    先立つ不幸
    ふしだらな娘ですが
    朝立ち
    座右の命は1・5〔ほか〕

    著者紹介

    立川 談四楼 (タテカワ ダンシロウ)  

    1951年群馬県生まれ。’70年、立川談志に入門。’83年に立川流落語会第一期真打となる。真打昇進試験を題材にした「屈折13年」(「別冊文藝春秋」)で文壇デビュー。TVやラジオ出演のほか、下北沢での独演会をはじめ、講演、執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    著者情報

    立川 談四楼

    1951年群馬県生まれ。’70年、立川談志に入門。’83年に立川流落語会第一期真打となる。真打昇進試験を題材にした「屈折13年」(「別冊文藝春秋」)で文壇デビュー。TVやラジオ出演のほか、下北沢での独演会をはじめ、講演、執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    同じ著者名で検索した本

    このページの上部へ