• 本

終電の神様

実業之日本社文庫 あ13−1

出版社名 実業之日本社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-408-55347-4
4-408-55347-6
税込価格 640円
頁数・縦 315P 16cm

商品内容

要旨

父危篤の報せに病院へ急ぐ会社員、納期が迫ったITエンジニア、背後から痴漢の手が忍び寄る美人―それぞれの場所へ向かう人々を乗せた夜の満員電車が、事故で運転を見合わせる。この「運転停止」が彼らの人生にとって思いがけないターニングポイントになり、そして…あたたかな涙と希望が湧いてくる、感動のヒューマン・ミステリー。

おすすめコメント

あと1本前に乗っていたら――? 夜の通勤・通学電車から動き出す運命と、深まる人生の“謎”。胸にじんわり感動が広がります。

著者紹介

阿川 大樹 (アガワ タイジュ)  
1954年東京都生まれ。東京大学在学中に野田秀樹らと劇団「夢の遊眠社」を設立。企業のエンジニアを経て、シリコンバレーのベンチャー設立に参加。99年「天使の漂流」で第十六回サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞。2005年『覇権の標的』で第二回ダイヤモンド経済小説大賞優秀賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)